プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2021-04-30 15:00:00 更新

姫路第二発電所におけるローカル5G×4K対応ドローン等を活用した「スマート保安」実証実験の開始について

2 0 2 1 年 4 月 3 0 日


関西電力株式会社
株 式 会 社 オ プ テ ー ジ


姫路第二発電所におけるローカル5G×4K対応ドローン等を活用した
「スマート保安」実証実験の開始について


関西電力株式会社および株式会社オプテージ(以下「オプテージ」)は、姫路第二発電所(兵庫県姫路市)において、自営で構築できる第5世代移動通信システム(以下「ローカル5G」)および4K対応ドローン等を活用した、スマート保安推進
※1に向けた実証実験を2021年6月から開始します。なお、本実証に必要となる、ローカル5Gの予備免許を本日取得しました。


具体的には、火力発電所およびLNG基地の屋外設備を4K対応ドローンおよびARグラス※2で撮影し、高精細な映像をローカル5Gで中央制御室へ無線伝送します。これにより、中央制御室で設備の状態を高精細な映像で監視できるようになります。
なお、ローカル5Gおよび4K対応ドローン等を活用したインフラ監視は日本初※3の取組みとなります。


発電所においては、現場での設備点検等を担う人材確保、設備の高経年化、新型コロナウイルス感染症下での安定稼働など様々な課題があり、これらを解決するために、新たなデジタル技術を活用した電気の保安業務のスマート化が求められています。


本実証実験では、現在、人が現地で実施している定期的な設備の巡視点検を、ローカル5Gおよび4K対応ドローン等を活用することで代替し、 高精細な映像で監視することで、異常の早期発見や故障の未然防止を目指します。これにより、電気の保安業務の効率化や安全性の向上に繋がると考えています。


本取組みは、「関西電力グループ中期経営計画(2021-2025)」で掲げる、中核事業の「エネルギー」と「情報通信」の重なり合うところに、新たな価値を創出したものとなります。当社グループは、引き続き、中期経営計画の実現に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


※1:国民と産業の安全の確保を第一として、急速に進む技術革新やデジタル化、少子高齢化・人口減少など経済社会構造の変化を的確に捉えながら、産業保安規制の適切な実施と産業の振興・競争力強化の観点に立って、官・民が行う、産業保安に関する主体的・挑戦的な取組みのこと。
※2:メガネ型のデバイスを目に装着することで現実世界にバーチャル映像を重ねて表示できるディスプレイのこと。
※3:オプテージ調べ


公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2021/pdf/20210430_2j.pdf



情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る