プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2019-10-16 11:00:00 更新

浮体式LNG発電プラント(CCPPモデル)の基本承認を取得

浮体式LNG発電プラント(CCPPモデル)の基本承認を取得

2019年10月16日

浮体式LNG発電プラントイメージ図

AiP授与の様子


このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1609018
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1609019

川崎重工は、自社製ガスタービンコンバインドサイクル発電設備を搭載した浮体式LNG(液化天然ガス)発電プラント(CCPPモデル※1)について、世界的な船級機関であるDNV GL※2から、最新の2018年版「Gas Power Plant」規則に基づいた設計基本承認※3を取得しました。

浮体式LNG発電プラントは、LNG燃料タンク、LNG気化装置、発電設備、受変電設備の全てを浮体に搭載した統合型システムで、海上や河川を曳航し、設置場所に係留しながら浮体上で発電することによって、陸上の送電網に電力を供給します。
電力需要の伸びが著しい東南アジア諸国をはじめとした島嶼地域などの安定電源確保に課題を抱える地域や、陸上の発電所建設用地が不足するなどの地理的条件に課題を持つ地域での需要が見込まれています。
また、燃料となるLNGは、重油に比べて発電コストにおいても優位性があり、さらに石炭や重油に比べて温暖化ガスの排出が少なく、環境にやさしい燃料として需給規模と用途の拡大が期待されています。

今回の承認は、本年5月に取得した自社製ガスエンジンを搭載した浮体式LNG発電プラント(ガスエンジンモデル)の基本承認に続くもので、今回の承認により、ガスタービンコンバインドサイクルおよびガスエンジンによる浮体式LNG発電プラントの2モデルの発電システムのラインンアップが揃い、顧客のニーズにより幅広く対応できる体制が整いました。

CCPPモデルの特長は次のとおりです。

(1)ガスタービン、排熱回収ボイラ(HRSG:Heat Recovery Steam Generator)、蒸気タービンおよびLNG燃料タンクなどの主要構成機器は、自社工場での製作が可能であり、納期と品質に加えてメンテナンスにかかわるアフターサービス面でもお客様に安心をお届けします。
(2)自社開発のクラス世界最高水準の発電効率を誇るガスタービン(単体:40.3%、コンバインドサイクル:54.4%)を搭載します。ガスタービンは、独自開発のドライ低エミッション(DLE)燃焼器により、窒素酸化物(NOX)の排出量は世界最高レベルの15ppm(O2=15%)以下を実現した、環境への負荷が低いシステムです。また、ボアスコープ点検やガスタービン交換方式により高いメンテナンス性があり、オーバーホール間隔の長期化によりライフサイクルコストを低減します。
(3)小型LNG内航船、LNGバンカリング船と同等の堅牢で防熱性能の高いアルミ製タンクを船体内部に搭載し、その上部にガスタービンを設置します。さらに、縦型HRSGをガスタービンの真上に設置することで、設置面積削減による船体の小型化を実現します。
(4)多軸構成(ガスタービン2基、HRSG2基、蒸気タービン1基)により広範囲な負荷帯に対応し、主要機器を冗長化します。

当社は、1981年にアジア初のLNG運搬船の建造以来40隻を上回る建造実績を有するほか、LNG燃料船、バンカリング船などLNG関連船種の豊富な設計・建造の実績があります。
今回の浮体式LNG発電プラント開発では、当社の船舶海洋部門の保有するLNG船関連技術や船体設計技術とエネルギー・環境部門の保有する発電プラントの技術を駆使することにより、浮体式発電設備に必須の揺動対策とコンパクトなレイアウトを実現しました。

当社は今後とも、LNG関連の技術シナジーを活かし、グローバルにエネルギー事業を展開していきます。

※1CCPP:コンバインドサイクル発電プラント
※2DNV GL:ノルウェーに本社を置く世界有数の船級協会で、海運業界における主導的な地位を担い、あらゆる船型および海洋構造物の安全、品質、エネルギー効率、環境性能の向上にグローバルに取り組んでいる。また、オイル&ガス分野の技術コンサルティングサービスを行うサービス・プロバイダーでもある。
※3設計基本承認(AiP: Approval ㏌ Principle):新製品・新技術の概念設計のリスクアセスメントおよび船級規則への適合性の検証により、第三者としての船級協会による確認を得ること。

□浮体式LNG発電プラントの諸元

モデル名CCPP
(Combined Cycle Power Plant)
Gas Engine
発電システム構成ガスタービンコンバインドサイクル
(ガスタービン2基、排熱回収ボイラ2基、蒸気タービン1基)
ガスエンジン 4基
発電出力80MW30MW
浮体サイズL110m × W48m × D20mL120m × W36m × D6.5m
LNGタンク5,500m3x 2基3,500m3x 2基


再生可能エネルギー等に関するプレスリリース
電力会社・ガス会社等によるプレスリリース

情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る