プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2018-05-22 00:00:00 更新

「スマートファクトリー Japan 2018」に初出展

2018 年 5 月 22 日
株式会社アマダホールディングス


アマダ、「スマートファクトリー Japan 2018」に初出展


株式会社アマダ(神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:磯部 任)は、5 月 30 日(水)から 6 月1 日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「スマートファクトリー Japan 2018」に初出展します。


本展示会では、5 月 1 日に本格展開を開始したアマダの IoT ソリューション「V-factory」について、デモンストレーションを交えて紹介します。「V-factory」は、金属加工機械(以下、マシン)の生産実績や稼働状況、保守状況を見える化する基本のWeb アプリケーション「My V-factory」、およびオプションのマシンの稼働を支援する保守サービス「IoT サポート」から構成されています。


会期中は、展示会場内アマダブース、アマダ・ソリューションセンター(伊勢原事業所)、アマダ・関西テクニカルセンター(大阪府東大阪市)、アマダ・アセアンテクニカルセンター(タイ・バンコク近郊スワンナプーム工業地域)の4 拠点を「V-factory」でつなぎ、お客さまは、備え付けのタブレットを通じてリアルタイムにマシンの稼働状況を閲覧することができます。


また、デモンストレーションでは、「My V-factory」を通じて、マシンの今の稼働状況はもちろんのこと、生 産実績、稼 働分析および保守状況を見える化することで、工場の現場における課題分析から、生産 効率 向上のための対策、さらには効果の検証まで、PDCA サイクルをより効率的にまわすことができる仕組みを紹介します。


さらに、「IoT サポート」のメニューである「障害回避サポート」「早期復旧サポート」「運用改善サポート」や、板金加工用CAD システム「VPSS 3i」なども併せて紹介します。



出展内容 ※
1. アマダのIoTソリューション 「V-factory」
・ Webアプリケーション 「My V-factory」
・ 保守サービス 「IoTサポート」
2. 板金加工用CADシステム 「VPSS 3i」、他
3. ベンディングマシン 「EG-4010」
・ 高速・高精度な「曲げ」工程の紹介
・ 「V-factory」と接続し、稼働状況を「My V-factory」で表示
※ 掲載の情報は予告なく変更 される場合があります。


以上

再生可能エネルギー等に関するプレスリリース
電力会社・ガス会社等によるプレスリリース

情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る