プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2018-02-13 00:00:00 更新

伊方発電所の異常通報連絡(2018年1月分)及び異常の原因と対策(2017年11月分他)について

ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

伊方発電所の異常通報連絡(平成30年1月分)及び異常の原因と対策(平成29年11月分他)について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(平成30年1月分)

平成30年2月13日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_平成30年1月には、四国電力(株)から伊方発電所に係る異常通報連絡はありませんでした。

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について(平成29年11月分他)

平成30年2月13日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_四国電力(株)から、平成29年11月他に発生した異常に係る原因と対策の報告がありましたので、お知らせします。

[報告書の概要]

県の公表区分

異常事項

発生

年月日

推定原因等

対策

C

300kVA電源車の起動試験時の不具合(3号機)(外部サイトへリンク)

29年

11月

17日

第14回定期検査中の伊方発電所3号機屋外(管理区域外)において、300kVA電源車(No.3)の定期試験(無負荷試験)中、発電機が起動しないことから、外観調査したところ、保修員がガバナコントローラの配線に変色を確認した。

調査の結果、本事象は、300kVA電源車の起動操作時にガバナコントローラ内のコンデンサが一般的な部品故障により短絡し破損したため、ガバナコントローラが動作せず、発電機が起動しなかったものと推定した。

(1)300kVA電源車(No.3)の変色した配線及びガバナコントローラの取替えを行い、機能の健全性を確認のうえ復旧した。

(2)300kVA電源車は、万一の故障発生時においても、全3台のうち他の2台の電源車による給電対応が可能である。また、ガバナコントローラは、速やかに部品調達及び取替えが可能であり、これまでどおり300kVA電源車の製作メーカと連携を密に行う等の保守体制を維持し、迅速な対応に努める。

(3)300kVA電源車(No.1)及び(No.2)のガバナコントローラにおいて、今回部品故障により短絡したと推定されるコンデンサと同一箇所のコンデンサが短絡故障していないことを、抵抗値測定により確認した。

C 所内変圧器の故障警報の発信(3号機)(外部サイトへリンク)

29年

12月

4日

第14回定期検査中の伊方発電所3号機中央制御盤に、「所変故障」の警報(計算機の詳細情報は「所変タップ極限」)が発信した。

調査の結果、所内変圧器制御補助盤のプログラムコントロール切換スイッチが「使用」となっていたことで、あらかじめプログラムされた低い電圧設定にてタップ位置の制御を実施したことから所内変圧器のタップが最低位置(極限位置)まで移行し、警報発信に至ったものと推定した。

また、プログラムコントロール切換スイッチが「使用」となっていた理由については、操作パネルで操作しない限り切替わることはないため、盤据付後の機能試験実施時に誤って操作パネルに触れ、「不使用」→「使用」に切替えてしまったものと推定した。

(1)当該スイッチが万が一「使用」状態となっても、設定値が変わらないよう通常の設定値とプログラムコントロールの設定値を同一設定とした。

(2)作業要領書に、「プログラムコントロール切換スイッチを触らないこと」「操作パネルを触った場合、最後に運用状態を確認すること」等の操作パネル操作時の注意事項について追記し、再発防止を図った。

(3)当該操作パネルの近傍に、操作時の注意事項を記載した注意表示を貼り付け、操作パネルの操作者に注意喚起を実施した。

(4)3号機予備変圧器に使用している予備変圧器制御補助盤についても同一の設備が設置されているため、所内変圧器制御補助盤と同様に上記(1)~(3)の対策を実施した。なお、その他に同様の設備はない。

平成29年9月16日に発生した「エタノールアミン含有排水生物処理装置曝気ブロアの異常」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

2_県としては、伊方発電所に職員を派遣し、対策が適切に実施されていることを確認しています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888


情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る