プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2017-09-11 00:00:00 更新

伊方発電所の異常通報連絡(2017年8月分)及び異常の原因と対策について

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

伊方発電所の異常通報連絡(平成29年8月分)及び異常の原因と対策について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(平成29年8月分)

平成29年9月11日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_平成29年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

C

作業員の負傷(共用)(外部サイトへリンク)

29年

8月

2日

伊方発電所の敷地造成工事において、作業員1名がスズメバチに刺されたため、工事会社の車両にて病院へ行った。

作業員の汚染、被ばくはない。

病院で診察を受けた結果、「多発蜂刺症、約4日間の加療を要す」と診断され、当該作業員は当日帰宅した。

当該作業員は翌日出社した。

× 今回公表
B 火災感知設備ケーブルの損傷(3号機)

29年

8月

10日

火災感知設備の異常を示す信号が発信した。

現地を確認した結果、火災ではないことを確認したが、保修員により火災感知器用のケーブルを切断したことを確認した。

なお、本事象による環境への影響はない。

調査の結果、照明用電線移設作業のために先行して設置していた空のケーブル保護管を切断しようとしていたところ、仮設により運用していた中央制御室(火災監視盤)へのハロン消火設備用及び炎感知器用の仮設ケーブルを収納した保護管2本を誤って切断していたことが判明した。

なお、復旧までの間は監視人を配置し、火災等の監視を行っている。

その後、当該ケーブルを再接続して、正常に動作することを確認し、復旧した。
× 速報済

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について

平成29年9月11日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

今回、四国電力(株)から異常の原因及び対策に係る報告はありませんでした。

平成29年3月4日に発生した「海水電解装置の配管フランジからの塩素を含む海水の漏えい」、平成29年5月2日に発生した「海水電解装置の電解液注入配管からの水漏れ」、平成29年5月15日に発生した「洗浄排水蒸発装置ドレン配管貫通穴の確認」、平成29年7月3日に発生した「補機温度監視装置表示装置の異常」及び平成29年8月10日に発生した「火災感知設備ケーブルの損傷」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888


再生可能エネルギー等に関するプレスリリース
電力会社・ガス会社等によるプレスリリース

情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る