プレスリリース

powered by JPubb

本ページでは、プレスリリースポータルサイト「JPubb」が提供する情報を掲載しています。

2017-08-18 00:00:00 更新

(仮称)鶴岡八森山風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について

平成29年8月18日

総合政策

この記事を印刷

(仮称)鶴岡八森山風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について

環境省は、18日、山形県で実施予定の「(仮称)鶴岡八森山風力発電事業環境影響評価準備書」(合同会社JRE鶴岡八森山)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
本事業は、山形県鶴岡市において、最大で総出力23,800kWの風力発電所を設置する事業である。
環境大臣意見では、(1)評価書の作成に当たっては、実態に即した内容とすること、(2)対象事業実施区域及びその周辺では、希少猛禽類の生息及び繁殖が確認されているため、鳥類からの視認性を高める措置を設備稼働前に講ずること、(3)本事業の工事計画は、風力発電設備の設置や工事用道路の新設・拡幅により大きな改変が行われ、水環境、生態系への影響が懸念されることから、可能な限り地形の改変を抑制すること等を求めている。

1.背景

環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された環境影響評価準備書※について、経済産業大臣からの照会に対して経済産業大臣に意見を述べることができるとされている。
本件は、山形県で実施予定の「(仮称)鶴岡八森山風力発電事業」に係る環境影響評価準備書について、この手続に沿って意見を提出するものである。
今後、事業者は、環境大臣及び関係自治体の長の意見を受けた経済産業大臣勧告を踏まえ、法に基づく環境影響評価書の作成等の手続が求められる。

※環境影響評価準備書:環境影響評価の結果について環境の保全の見地からの意見を聴くための準備として、調査、予測及び評価、環境保全対策の検討を実施した結果等を示し、環境の保全に関する事業者自らの考え方を取りまとめた文書。

2.事業の概要

(1)事業者 合同会社JRE鶴岡八森山

(2)事業位置 山形県鶴岡市(対象事業実施区域面積 約271.7ha)

(3)出力 総出力 最大23,800kW(3,400kW級×7基)

3.環境大臣意見

別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

【配慮書の手続】

・縦覧 平成27年7月17日~平成27年8月17日(住民意見0件

・山形県知事意見提出 平成27年9月7日

・環境大臣意見提出 平成27年9月18日

【方法書の手続】

・縦覧 平成28年1月26日~平成28年2月25日(住民意見14件

・山形県知事意見提出 平成28年5月13日

・経済産業大臣勧告 平成28年6月10日

【準備書の手続】

・縦覧 平成29年3月8日~平成29年4月7日(住民意見33件

・山形県知事意見提出 平成29年8月7日

・環境大臣意見提出 平成29年8月18日

※環境の保全の見地からの意見の件数

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境影響審査室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8237
室長 大井通博 (内6231)
室長補佐 伊藤史雄 (内6233)
担当 鈴木崇之 (内6253)


再生可能エネルギー等に関するプレスリリース
電力会社・ガス会社等によるプレスリリース

情報提供:JPubb

プレスリリース一覧に戻る