ITmedia NEWS > ベンチャーニュース >
ベンチャーニュース powered by entrepedia
PR


2年で200教室・1000生徒のプログラミング教室に

2018-6-1 08:00:00 UPDATE

~Tech for elementaryが短期間で日本最大級のプログラミング教室に成長~

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、子供向けプログラミング教室のFC事業「Tech for elementary(以下TFE)」が、事業開始から2年で200教室以上が加盟し、1000人以上の生徒が通う、日本最大級の教室となったことをお知らせいたします。

「2018年 子ども向けプログラミング教育市場調査(GMOメディア株式会社/株式会社船井総合研究所)https://coeteco.jp/articles/10180 」によると、子ども向けプログラミング教室数は、2013年には750教室だったところ、2018年には約6倍の4,457教室に、2023年には2013年の約15倍の1万1,127教室に達すると予測しています。その内訳は、2018年は「ロボット・プログラミング教室(76.8%)」が約8割(3422教室)を占めるものの、「プログラミング教室(23.2%)」の割合が2013年よりも拡大し(1035教室)、2023年には「プログラミング教室」が全体に占める割合は約4割(4451教室)にのぼると予測しています。

TFEは2016年4月より、映像授業をベースとした「プログラミング教室」をFC展開しています。事業開始から2年が経過した現在、日本国内ではのべ200以上の教室を開校し、1000人以上の生徒が通う教室となりました。前述調査からの推計により、2018年現時点でTFEの教室数は「プログラミング教室」全体の約20%を占めており、今年に入ってからTFEの教室数は毎月10教室以上、生徒数は毎月100人以上のペースで増加しています。

TFEは「一人でも多くの子供たちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンを掲げて事業を推進してきました。当初はビジュアルプログラミング言語「Scratch」がメインでしたが、コードプログラミングやロボットプログラミング、動画制作や3Dプリンタ、マイクラを使ったコース等も提供してきました。また、Zoom等のテクノロジーを活用したネット集客支援や他社教材やツールの紹介、サロン開設や個別サポートも実施し、教室の競争力向上に取り組んできました。

TFEでは今後も様々なコースやサービス開発を進めながら、海外や地域社会へ販路を拡大・深耕していきたいと考えています。具体的には、市販ロボットを使った短期講座開発、ドローン等のレンタル、夏休みのITキッズキャンプ、学校への講師派遣、Zoomを使った講師トレーニングや生徒向け遠隔教育、などです。そして、全ての施策を生徒・保護者、加盟者、地域社会、グローバル、それぞれの視点に基づいて実施し、日本や世界で影響力のあるプログラミング教室になることを目指したいと考えています。プログラミング教育に少しでも興味がある個人・企業・組織団体様、是非お気軽にお声がけ頂ければ幸いです。

本件の取材及びお問い合わせ先
取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。 
E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

ベンチャーニュース詳細へ

データ提供:entrepedia