ITmedia NEWS > ベンチャーニュース >
ベンチャーニュース powered by entrepedia
PR


千葉エコ・エネルギー株式会社、千葉市緑区に大規模ソーラーシェアリング設備竣工

2018-4-10 23:51:00 UPDATE

日本全国での自然エネルギーによる地域活性化事業を手がける千葉エコ・エネルギー株式会社(本社:千葉市稲毛区、代表取締役:馬上 丈司、以下 千葉エコ・エネルギー)は、千葉市緑区大木戸町において専用架台を採用した大規模ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設備を竣工しました。
ソーラーシェアリングは農地をエネルギー生産地にする次世代農業モデルとしても期待されており、このモデルを体現するために本事業を契機に千葉エコ・エネルギーは農業への参入を果たし、本ソーラーシェアリング設備下での「にんにく」の栽培に携わります。

今後の展望として、発電事業による収益を農業の高収益化や省力化のための設備投資、農業人材への教育投資など農業のスタートアップのための推進力として活用します。また、未稼働案件の事業化サポートだけでなく、既稼働のソーラーシェアリング設備下での営農サポートや、関東圏内での自社農場の展開を進めます。
さらには、次世代農業に関する基礎研究農場としても活用し、脱FIT時代に向けた農業における自然エネルギー自家消費モデルの構築を目指します。

■弊社HP
http://www.chiba-eco.co.jp/

■リリース本文
http://www.chiba-eco.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/press_okido-sharing_20180409.pdf

ベンチャーニュース詳細へ

データ提供:entrepedia