ITmedia NEWS > ベンチャーニュース >
ベンチャーニュース powered by entrepedia
PR


空き時間や空間を有効活用なら『+ マリーシェル』導入して本業との相乗効果を!

2018-4-9 07:00:00 UPDATE

マリーシェル合同会社(本社:埼玉県さいたま市、代表:鯉沼寿慈)は、空き時間や空間に占い館を出店するサービス『+マリーシェル』を展開すると発表した。(https://ameblo.jp/hisakoinuma/entry-12366036012.html

占い事業を営むマリーシェルでは、店舗やオーナーさんのお悩みで多い、空き時間や空き空間で本業を活性化させる施策として、マリーシェル占い館をスポット出店し、空き時間の有効活用や空間の有効活用を行うことで、既存事業以外での収益の確保、既存事業との連携で売り上げアップを狙うことができる。

占いはリピーターさんを獲得することで徐々に売り上げを伸ばすサービスであり、運営期間が長くなればなるほど売上が伸びるサービスである。アトレ松戸のマリーシェル占い館の事例では、OPENから毎月お客を増やしていき、毎月300名を超えるお客様が利用する店舗に成長した。3か月ごとの売上状況でも、増加傾向は顕著にみられ、リピーターが新規顧客を紹介し、そこでリピーターがさらに生まれる展開である。そうした占いサービスの特性を活かすことで、本業のさらなる発展を目指すことができるはずである。日中限定で展開するカフェや雑貨店、保険の店舗、携帯キャリアショップなど、さまざまな業種で利用できるサービスである。

全国の占い師ネットワークを持つマリーシェルならではの強みを生かし、フランチャイズチェーンなどでの展開も目指している。



【本件に関するお問い合わせ】
会社:マリーシェル合同会社
TEL:048-644-6008
HP:http://mari-ciel.co.jp
Mail:info@mari-ciel.co.jp

ベンチャーニュース詳細へ

データ提供:entrepedia